妊娠・出産・育児や赤ちゃんの離乳食・粉ミルクに関する情報が満載!「森永はぐくみ」

森永乳業 妊娠・育児情報ホームページ 「はぐくみ」

 

サイト内検索

 

妊娠・出産・育児情報サイト「はぐくみ」を運営の森永乳業株式会社TOPはこちら

 

スマートフォンページはこちらから

 
 

食生活:その他

※赤くなっている部分が主に対象となる月齢です

鉄分の多い食品は?

妊婦検診で、貧血気味といわれました。鉄剤を飲むほどではないそうですが、鉄分が多い食品というとレバーぐらいしか思い浮かびません。他にはどんな食品がありますか。(妊娠24週)

妊娠中に必要な鉄分の量は19.5mg(鉄の1日の摂取基準18〜29歳、30〜49歳の推奨量に妊娠中の付加量を加えたもの)と妊娠前の約2倍近くで、どうしても不足しがちになりますね。レバー以外にも鉄分を多く含む食品はいろいろあります。毎日意識して摂る工夫をしていきましょう。

<鉄を多く含む食品>
(1食当たりの目安量)
豚レバー:50g
→含有量(mg):6.5
鶏レバー:40g                
→含有量(mg):3.6
牛もも(国産):100g               
→含有量(mg):1.4
豚ヒレ肉(大型種):100g             
→含有量(mg):1.1
あさりむき身:50g                
→含有量(mg):1.9
カツオ:80g                
→含有量(mg):1.5
がんもどき:中1個(80g)
→含有量(mg):2.9
納豆:小1パック(50g)
→含有量(mg):1.7
菜の花:1/2束(100g)             
→含有量(mg):2.9
小松菜:1/4束(80g)             
→含有量(mg):1.9
森永ペプチドミルク「Eお母さん」スティック:3本(54g)
→含有量(mg):9.7
(五訂日本食品標準成分表・栄養の基本がわかる図解事典・「Eお母さん」パンフレット参照)

<食べ方の工夫>
☆鉄分はビタミンCと一緒に摂ると吸収がよくなります。ビタミンCをたくさん含んだ果物も食べるといいでしょう。
☆たんぱく質にも鉄分の吸収を高める効果があります。鉄分とたんぱく質の両方含む食品(赤味の肉、貝類、大豆製品など)を食べると効率がよいですね。
☆ひじきなど鉄分を多く含むおかずを作りおきして毎日少しずつ食べたりするなど、こまめに食べる工夫もおすすめです。
☆「Eお母さん」は牛乳に比べ鉄分がたっぷり。牛乳のかわりにお飲みいただくと、効率よく鉄分が摂れます。

【はぐくみ】森永乳業の妊娠出産育児や赤ちゃんの離乳食粉ミルクに関する情報が満載!(HOMEへ)