妊娠・出産・育児や赤ちゃんの離乳食・粉ミルクに関する情報が満載!「森永はぐくみ」

森永乳業 妊娠・育児情報ホームページ 「はぐくみ」

 

サイト内検索

 

妊娠・出産・育児情報サイト「はぐくみ」を運営の森永乳業株式会社TOPはこちら

 

スマートフォンページはこちらから

 
 

森永のミルクについて

ミルクの作り方

森永「はぐくみ」 森永「E赤ちゃん」の作り方

図1
(1)器具をそろえます
器具は専用のものを決め、誰でも作れるように、ひとまとめにしておきます。

図2-1
(2)器具の消毒(煮沸消毒)
大きなお鍋に器具がかくれるぐらいたっぷり水を入れ沸騰させます。沸騰後は3分程度の煮沸を行います。

図2-2
(ミルトン消毒)
ミルトン希釈液に浸しておくだけで簡単に消毒ができ、次の授乳時まで衛生的に保管できます。

  • ※詳しくは、ミルトン製品添付の説明書に従ってください。
 

図3
(3)ミルクを哺乳びんに入れます
消毒した哺乳びんに、添付のスプーンで必要量のミルクをすりきって入れます。

  • ※エコらくパックはコンパクト包装しているため、開封直後はミルクが詰まった状態になることがあります。ご使用の前にスプーンで軽くほぐしてから調乳してください。

図4
(4)ミルクを溶かします
煮沸後、少し冷ましたお湯(70℃以上)をやけどに注意し、できあがり量の約2/3を入れます。乳首とフードをつけ、哺乳びんをよく振って溶かした後、できあがり量までお湯または湯冷ましを加え、軽く混ぜ合わせます。湯冷まし代わりに森永「やさしい赤ちゃんの水」が便利です。

図5
(5)ミルクを冷まし、
温度を確かめます
哺乳びんを流水にあてるか冷水の入った容器に入れて軽く振り、必ず体温ぐらいの温度まで冷ましてください。ミルクの温度は腕の内側におとして、やや熱く感じる程度(40℃くらい)が適当です。赤ちゃんのやけどを防ぐためにも、必ず温度を確かめてから飲ませてあげてください。

 

図6
(6)ミルクを飲ませます
乳首を充分ふくませます。空気を飲み込まないように、乳首の中をミルクで満たして飲ませてあげてください。

図7
(7)ゲップをさせます
ミルクを飲み終わったら赤ちゃんを抱いて、背中を下から上に軽くさすって空気をはかせます。

ミルクの冷まし方

 

動画を見る

ミルクの保存方法

 

【はぐくみ】森永乳業の妊娠出産育児や赤ちゃんの離乳食粉ミルクに関する情報が満載!(HOMEへ)